訪問介護の仕事にも繋がる話ですが・・?

介護の仕事のひとつに訪問介護というものがあるのをご存じでしょうか。
訪問介護とは、利用者が施設に来るのではなく、職員が利用者の家を訪れて生活に必要な介助を行います。
行うことはお風呂やトイレの手助けだったり、一緒に病院に行ったり、掃除や洗濯、買い物、食事の準備など家事労働になります。
掃除や洗濯、料理自体は家でやっている人が多いかもしれませんが、人の家でやるからにはその人の流儀に沿う必要があります。
介護される側の希望を汲みながら手助けをすることです。
原則として訪問先の家庭にある器具や道具しか使えないので、臨機応変にどんな仕事でもできる能力求められます。
依頼者にとってベストな生活スタイルがあるので自分勝手にはできないということです。
物の配置を変更したり、廃棄したりという時には、利用者側の合意を得ることが必須条件になります。
理想的な訪問介護とは、時間内にきびきびとすべきことを行い、相手の様子を見守ることです。
1時間か、せいぜい2時間ぐらいしか訪問介護の時間はありませんので、時間内で仕事を終わらせなければなりません。
限られた時間を最大限に活用することが、訪問介護の仕事では必要です。
また、相手の希望を読み取ることも大事なことです。
何気ない会話の中から本人が望んでいることを分ってあげられることも重要な訪問介護の仕事のひとつなのです。
節約しながらお風呂大掃除!【簡単に1日で済ませるコツと手順】 | スグ得