プロミスは即日でも借りられる?審査の難しさは?

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融のプロミスごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各プロミスなど消費者金融についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融のプロミスに詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

お金を貸し付けてもらうことができるプロミスなど消費者金融には一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、プロミスなど消費者金融というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は消費者金融のプロミスの金利の方が高い場合が多いです。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、プロミスのカードローンやクレカなどのローンというのは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融のプロミスというのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融のプロミスに借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

プロミスのカードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

プロミスのカードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレカ会社、信販会社などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融のプロミスとは貸金業専門の金融機関で限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融のプロミスには貸金業法に基づいた総量規制があり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のプロミスのカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融のプロミスですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融のプロミス業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融のプロミスの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のプロミスと言うとサラ金や怖い人というものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラックというイメージが払拭されつつありますね。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

プロミスなど消費者金融で高い人気を獲得する要素としては低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度プロミスのカードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

普通、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行プロミスのカードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

反面、銀行プロミスのカードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融のプロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

参考:プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】