ヘアマニキュア通販ナビ - 口コミ・おすすめとは?TOP > 基礎知識 > メリットとデメリット

メリットとデメリット

 

カラーリングの時、ヘアカラーとヘアマニキュアどちらがいいか迷うことはないですか?

 

どちらもカラーリング剤ですが、染め方が根本的に違うためそれぞれメリットとデメリットがあります。

まず、ヘアマニキュアのメリットと言えば、何と言っても髪と頭皮への優しさです。

 

ヘアカラーは一度髪をブリーチし、染色剤を髪の内部に浸透させて染めるために髪が傷みやすいのに対し、基本が髪の表面をコーティングするだけのヘアマニキュアはダメージがありません。

 

そのため、短期間でも染め直しができ、商品によっては色を混ぜて使えるものもあります。

 

また、傷んだキューティクルをコートして髪にツヤやコシ、ハリをあたえ、見た目の美しさと触った時の指通りの良さやサラツヤ感を保ちます。

 

補修効果もあって、色がとれてきた時にリタッチしたり色持ちを良くするのにも使えます。

 

一方デメリットは、髪そのものを染めるわけではないため色が抜けやすく、ヘアカラーの半分から1/3くらいしか持たず、洗髪などで濡れている時には色落ちする事があります。

 

また、元の髪色の上にマニキュアコートするので、髪色を大きく変えることはできません。

 

ブリーチをしていないので、思った色の通りに仕上げることは難しく、しっかり染めたい時にはヘアカラーの方が適していますね。

 

このように、ヘアマニキュアのメリットとデメリットをしっかり把握して、ヘアカラーとどちらがいいかをその時々で使い分けながら、最適なカラーリングを行いましょう。

 

基礎知識記事一覧

ヘアカラーとの違い

ドラッグストアなどでは、同じコーナーに並んでいることの多いヘアカラーとヘアマニキュア。これらは同じヘアカラーリング剤ですが、2つは根本的に異なる染色剤であることを知っていま...

メリットとデメリット

カラーリングの時、ヘアカラーとヘアマニキュアどちらがいいか迷うことはないですか?どちらもカラーリング剤ですが、染め方が根本的に違うためそれぞれメリットとデメリットがあります...

上手な使い方とは?

ヘアマニキュアは、ヘアカラーやブリーチとは異なり髪を傷めずに染められるので、ヘアカラーより気軽に使うことができます。色の抜けは確かにヘアカラーより早いですが、その特徴を活か...

落とし方とは?

ヘアマニキュアは、髪の表面に染料をコーティングしただけなので、毎日のシャンプーで少しずつ自然に色が落ちていくものです。また、リンスやトリートメントの成分構造が似ているので、...