ヘアマニキュア通販ナビ - 口コミ・おすすめとは?TOP > 基礎知識 > ヘアカラーとの違い

ヘアカラーとの違い

 

ドラッグストアなどでは、同じコーナーに並んでいることの多いヘアカラーとヘアマニキュア。

 

これらは同じヘアカラーリング剤ですが、2つは根本的に異なる染色剤であることを知っていますか?

どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

その差を把握しておくと、買う時にも目的に合った方を選べて迷わずに済み便利なので、それについてこちらでご紹介していきますね。

 

まず、ヘアカラーは酸化染料を用いて髪を染めるカラーリング剤です。

 

髪の毛のメラニン色素を分解して脱色すると同時に、染料を髪の内部へ浸透させて染めていきます。

 

しっかりと髪を染めることができるので、色を長く(約2カ月)保てますね。

 

また、明るい色から濃い色、黒や茶以外の色など自由に染めることができます。

 

しかし、その分染料の刺激が強く、頭皮や髪を傷める場合があるため、アレルギーや敏感肌などの場合、体質によっては使えないことがあります。

 

一方ヘアマニキュアは、染めるというより髪の表面に染毛料をコーティングする方法で、コーティングの効果によって髪にツヤ・ハリ・コシを与えることが出来ます。

 

ヘアカラーと違って脱色は行わないので、頭皮や髪に対する刺激が少なく、ダメージを与えないのが最大の特徴です。

 

ただし、カラーの効果は3週間くらいと短めです。

 

色落ちしやすいため1回で長時間色を持たせたい場合は不向きですが、色を変えて楽しみたい場合には適しています。

 

と言っても、元の髪色の影響が大きいのであまり明るい色には染められません。

 

しっかり&明るい色に染めたい時にはヘアカラーを、髪を傷めずあまり髪色を変えずに染めたい時にはヘアマニキュアが向いています。

 

基礎知識記事一覧

ヘアカラーとの違い

ドラッグストアなどでは、同じコーナーに並んでいることの多いヘアカラーとヘアマニキュア。これらは同じヘアカラーリング剤ですが、2つは根本的に異なる染色剤であることを知っていま...

メリットとデメリット

カラーリングの時、ヘアカラーとヘアマニキュアどちらがいいか迷うことはないですか?どちらもカラーリング剤ですが、染め方が根本的に違うためそれぞれメリットとデメリットがあります...

上手な使い方とは?

ヘアマニキュアは、ヘアカラーやブリーチとは異なり髪を傷めずに染められるので、ヘアカラーより気軽に使うことができます。色の抜けは確かにヘアカラーより早いですが、その特徴を活か...

落とし方とは?

ヘアマニキュアは、髪の表面に染料をコーティングしただけなので、毎日のシャンプーで少しずつ自然に色が落ちていくものです。また、リンスやトリートメントの成分構造が似ているので、...