ヘアマニキュア通販ナビ - 口コミ・おすすめとは?

 

あなたは、ヘアマニキュアについてどのくらい知っていますか?現在、毛染めには様々な方法があり、幅広い年齢層の方が利用していると思いますが、そんな中頭髪の傷みが少なく手軽に染められるヘアマニキュアに人気が集まっています。一時的に黒髪に戻したい時に使ったり、白髪を染める際に使う方が特に多いようですね。

 

それには、何と言っても髪の毛に優しい事が最大のメリットとしてあります。手軽にスピーディーに染められる事も魅力の一つですね。しかし、それらメリットがある一方で、染色効果が長持ちしないというデメリットもあります。そのデメリットがネックとなって、他の染色方法を選択している方は意外と多いのではないでしょうか。

 

ですが、ヘアマニキュアというのは、髪の毛の表面を着色コーティングするものです。頭髪に優しいだけでなく、キューティクルをはがす事なくつややかな仕上がりにしてくれる作用があるので、繰り返し使うたびに指通りの良い美髪にする事が出来ますよ。よって、ダメージが気になる方、初めて染色する方、敏感肌の方にはぜひお勧めしたいですね。ただし、それには正しい使い方を知る必要があります。

 

そこで、こちらではヘアマニキュアの正しい使い方から選び方、口コミ人気の通販商品や市販品にいたるまで幅広くご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。美容室でのカラーリングに劣るイメージがありますが、近年では扱いやすさや価格の安さ、仕上がりの良さから市販品の需要が高まりつつあります。市販品に限らず通販の口コミ評判も良いので、あなたに合った商品を探して試してみてはいかがでしょうか。

 

さて、ヘアマニキュアというとオシャレ染めや黒髪戻しのイメージがありますが、今では白髪用として開発された物も多くあります。有名な白髪用のものは、利尻昆布やレフィーネなどがそれに当たりますね。それら白髪用商品はまさしく、毛髪に優しいことや傷んだ黒髪や白髪をいたわってつややかにしてくれる事を売りにしています。だからこそ、通販人気となっているんですね。

 

ただし、数多くの製品の中から選ぶ際に気を付けて欲しいのが、「ヘアマニキュア」と書いてあるものでも、ヘアカラーの成分が同時に配合されている場合がある事です。もちろんこれには理由があり、デメリットである染まりにくさや色落ちをカバーするためなんですが、これでは毛髪への負担が大きくなってしまうのでお勧めできませんね。市販の黒髪用商品にこのような製品が多いようなので、市販品を購入する際には十分気を付けて下さい。

 

また、黒髪は染まりにくいという事や、黒髪・白髪ともに明るく染めるのは難しいという事も覚えておいて下さい。やはりキューティクルを着色コートするだけなので、もともとの毛髪のカラーが出てしまいます。ですが、その分カラーは落ちやすいという事になるので、一時的に染める場合には向いていますね。ドラッグストア等で買える市販品などは、いつでも買える事から就職面接や急なお葬式などの利用に重宝するようです。

 

ちなみに、購入するのであれば市販品よりも通販がお勧めになります。市販品はまとめて買っても特典はありませんが、通販ならまとめ買いによる割引特典が多くあります。特に白髪用の製品はこまめに染色しなければ目立ってきてしまうため、使用回数が多いものです。よって、まとめ買いできる通販が市販品よりお得になるわけですね。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。その購入の際には口コミ情報が参考になりますよ。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

ヘアマニキュアとは?


髪の毛の色を変えると気分も印象も一気に変わるものです。

 

そのため、髪型やファッションによって色をさまざま変えて楽しむ事もできますね。

毛髪の色を変えるものには、「ヘアマニキュア」「ヘアカラー」「一時染毛剤」「ブリーチ」といった方法があります。

 

ヘアマニキュアはコーティング、ブリーチは脱色、ヘアカラーは脱色してから色素を浸透させる染色方法だと考えると分かりやすいですね。

 

そんな中ヘアマニキュアは、髪の表面を染料で着色コーティングして頭髪を傷めずに染める方法です。

 

染料が頭髪の内部まで浸透しないため、内部に化学染料を浸透させるタイプと比べて傷みにくいのが特徴で、染料が頭髪をコーティングすることによって、ダメージを受けた髪の毛もケアできます。

 

そして、表面のキューティクルを染めるだけになるので、パサつきなどのダメージを抑え、つややかに仕上げることも可能です。

 

そのため、パーマなどで頭髪が傷んでいる人、皮膚が敏感で通常の染毛剤を使用できない人、初めて染める人などに向いていますね。

 

また、毛髪そのものを染めるのではなく元の髪色は残るので、少しだけイメージを変えたい、自然に染めたいという場合にも適しています。

 

逆に色をガラリと変えたい人や、黒髪からグッと明るくしたい人には不向きになります。

 

持続性は他の製品と比べて短く、シャンプーやブラッシングのたびに色落ちしていくので効果は2〜3週間、長くても1ヶ月程度となっています。

 

しっかリ染めたい時やイメージチェンジしたい時にはへアカラーを、髪を傷めず軽くニュアンスを変えたい時にはヘアマニキュアを、という風に使い分けることをお勧めします。

 

原理について


ヘアマニキュアとは、酸性染料が黒髪や白髪のタンパク質とイオン結合することで髪の毛を染める半永久染毛料です。

 

永久染毛剤では、髪の毛のメラニン色素を脱色して染料を浸透させる「ブリーチ作用」がありますが、ヘアマニキュアには「ブリーチ作用」はなく、頭髪そのものの脱色や内部への浸透はありません。

染料が、毛髪を覆うキューティクルの3層構造の最下部であるエンドキューティクルに付着することで、マイナスイオンの酸性染料とキューティクル表面のプラスイオンが結合し、発色する仕組みとなっています。

 

厳密に言えば、ネイルのように髪に色素を付着させる方法で染めるというのとは異なります。

 

その原理は、髪1本1本を色のついた皮膜剤でコーティングする方法です。

 

髪を傷めずコーティングすることによってキューティクルを守るので、サラツヤ感を保つことができ、頭髪本来の美しさを高める効果がありますね。

 

また、自然な仕上がりなので失敗の心配はなく、毛髪と頭皮への優しさ、ダメージのなさが一番大きなメリットになります。

 

その一方、髪の内部まで染色するわけではないために色を大きく変えることはできず、永久染毛剤より持ちが悪いというデメリットがあります。

 

また、原理上タンパク質に染まりやすく、頭皮や耳や首を含め、地肌につくとなかなか取れない性質があるため、根元から染めるのにはテクニックが必要です。

 

ですが、手軽に黒髪をイメチェンしたい人や、毛髪・頭皮のダメージをケアしたい白髪の方にはヘアマニキュアが良いですね。